離婚弁護士に相談をする時のポイント

離婚は民事的な問題ですので、夫婦で納得していれば問題なく離婚ができます。しかし、どちらか片方だけが離婚を望んでいるような場合には、離婚裁判をしなければなりません。あるいは、離婚をすることには同意をしていても、慰謝料、養育費、財産分与などで争いになっているケースもあります。

離婚弁護士に相談をするときは、あらかじめ相談をする内容をまとめておくとよいでしょう。法律事務所にもよりますが、初回の1時間だけ無料というところもありますので、なるべく無料相談ができる時間だけで話がまとまるようにしておくと費用が節約できます。養育費には夫婦の収入も関係してくるため、配偶者の収入も把握しておくようにしましょう。

費用が発生しても受けたい離婚相談

たとえ費用がかかっても、できれば離婚相談を受けたいと考える人もいる様です。離婚が成立すると条件はなかなか変更できない事もあるかと思いますので、費用を支払ってでも離婚相談を受けておく事で、条件が自分の希望通りになりやすいかと思われます。

好ましくない方向に物事が進んでいる場合や、相手から暴力を受けている場合などには、費用が発生しても離婚相談を受けた方がいいかもしれませんね。浮気による離婚は、慰謝料が関わりますので、費用が発生しても離婚相談を受けるのもいい選択と言えるのかもしれませんね。

離婚相談の費用については、訴訟になるなどするとかなり高額になるという事が考えられます。

親権に関連する離婚相談

ひと口に離婚相談といっても、子供がいる場合には親権などの問題も絡んできますので、より一層複雑になるのではないでしょうか。一般的には、離婚調停などの離婚相談では、子供が小さい場合には、余程母親側に問題があるような場合を除き、親権は母親側に与えられることが多いのです。そこで、その際には、子どもの権利である養育費などの請求はしっかりとおこなう必要があるでしょう。

もちろん、口頭での約束ではなく、きちんと文書に残して、支払いがないなどの最悪の場合に備えることが重要となります。弁護士などの専門家に相談すると、法律に照らし合わせて対応してくれるので安心です。