離婚と財産分与

離婚する際、婚姻中に築いた財産を分けることを財産分与と言います。
夫婦どちらかの名義かは関係なく、婚姻中に増えた財産が共有財産にあたり、それらが財産分与の対象となります。
結婚前から持っていた財産、相続財産などは対象になりません。
普通の夫婦であれば、通常は半分ずつ分けます。
共働き、専業主婦などで割合が変わってくることもあります。
離婚の際に「財産分与をもらわない」等という取り決めをしていない限りは、離婚成立時から2年まで請求できますが、いったん離婚が成立してしまうと相手が話し合いに応じてくれなかったり等と言うこともありますので、離婚前に決めておくのが望ましいです。