離婚と慰謝料

離婚の原因は人それぞれですが、相手方に非がある場合には慰謝料を請求できます。
お互いが話し合いによって慰謝料を決める場合は、慰謝料はいくらでも構いませんが、話し合いで合意できずに裁判に持ち込まれた場合は、裁判上における慰謝料の相場になるとお考えください。
裁判で不当行為を証明するためには有力な証拠が重要となる上に、慰謝料金額を左右します。
離婚理由のケースごとに有力な証拠のポイントがあります。
写真やメール内容、診断書、通帳の記録、等々・・・
他に日記やメモも重要な証拠になります。
普段から気になることなどはメモにして残しておくようにしましょう。