過払い返還とその和解金を司法書士に相談

債務者がこれまでに金融業者に返済をし終わった若しくは途中でも、過払い金がある場合、返還請求することが出来ます。これは利息制限法に定められている利息以上に返済に充てて支払ったお金の事です。利息制限法と出資法との間に、利息の上限に差額があるために発生します。

この返還請求を司法書士に依頼する事ができますが、過払い金を全額取り返せる場合ももちろんありますが、金融業者との和解交渉によっては和解金を支払うことで負債をなくす、という方法もあります。この場合、合意した和解金より過払い金の方が多いと、結果的に債務者は損をしてしまう事もあるので注意が必要です。

過払い金返還なら弁護士へ

消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどから借り入れが5年以上あり、利息制限法の上限を超えて利息を払っている場合に過払いの対象となるようです。

キャッシングを利用している人は1400万人以上いるとされていて、お金を借り入れた際には貸金業者に利息を払わないといけませんが、払い過ぎている場合は払い過ぎた金利を貸金業者に請求することができます。

個人で行うよりも専門知識のある弁護士や司法書士に依頼することで、返還される金額が高額になったり、裁判を起こす必要もなく代理で交渉してもらえるなどメリットが多くあるようです。