«

»

12月 18

時効がある慰謝料請求は早く離婚弁護士へ

離婚をしてもいつまでも自由に慰謝料を請求できるのではなく時効があり、3年以内となっています。ですので、慰謝料請求をしたいけれども、相手と連絡ができないという時には、そのままにしないで早期に離婚弁護士に相談したいですね。また慰謝料請求の時効が過ぎれば、離婚弁護士に相談しても請求できなくなってしまう可能性が高いので、気を付ける様にしたいですね。

離婚の時には、話し合いができない状態で離婚弁護士の所に慰謝料の件などで相談に来る人も少なくありません。離婚弁護士はきっと慰謝料やその他の問題においてベストと思える対応を行ってくれる事でしょう。離婚弁護士は多いに助けになってくれる事もあります。