«

»

4月 20

弁護士と訴訟を起こす

借金返済後、手続きをすれば過払い請求が行われますが、過払い請求とは支払いすぎた利息を返して欲しいと請求することを指します。

過払い請求によって払い過ぎたお金を返還してもらうように金融会社へと請求を行うのですが、このときに金融会社が応じてくれるかどうかというのはそのときによって異なるでしょう。

応じてくれない場合もあります。あるいは、和解案を示されることもあります。このようなときには、訴訟を起こさなければならないこともあるのです。自分で訴訟を起こすのは難しいですから、やはり過払い請求は弁護士に依頼することになるのです。

最近ではこのような場合も想定し、あらかじめ弁護士に過払い請求手続きを依頼する方も多いようです。

もし過払い金自体があるのかわからないという場合であっても、弁護士が調査サービスを行っているようですので事前に把握することが可能でしょう。