司法書士に自己破産を依頼したときの費用(個人)

司法書士に依頼して自己破産の申し立てから破産決定が出るまでの一連の作業に対する費用(報酬)はどれくらいかかると思いますか。また、手元に残しておける現預金はどの程度でしょうか。まず、自己破産ですが、個人の場合、免責になる前提でのお話ですが、基本作業料金として一人50万以下です。また、破産決定後は当面、どこもお金を貸してくれません、当たり前ですよね。踏み倒したばかりの人にお金を貸すものはいません。

ですので破産するときでも100万円までは手元においておくことが出来ます。合計150万円あれば一人の人間が再生することが出来るわけです。逆を言えば、少なくとも50万円は無ければ破産することさえ危ういのが現実です。又、手元に残しておけるお金を持っている人も極わずかなのが現状です。

多重債務だけでも自己破産を気にする

多重債務となっている人は、返済できない状況が起こりやすいとされているので、返済について考えずに自己破産を気にしてしまうものです。行ってしまえば、すぐにでも借金がなくなりますので、弁護士に相談して実施したいと伝えるケースも多いです。

しかし弁護士としても、安易に自己破産というのが良くないのはわかっています。返済できる方法を模索して、問題なく終わらせられるものがあるなら、そちらを利用していく形にしています。問題なく返済できる状況を作れるようにして、なおかつ返済時間を短縮できるものを考えていく場合もあります。

債務整理の自己破産にもなる多重債務者の特徴

弁護士に自己破産を依頼する人は、一つの金融機関や貸金業者から借り入れを行っている人ばかりではありません。多重債務者の中にも、借金が返済できなくなり自己破産の選択をする人もいます。多重債務者となる人は、どのような特徴があるでしょうか。一つは、自己統制力の低い人です。

自己統制力は、自分の感情をコントロールできない人のことを言います。例えば、借金の返済日が迫っているのに、そのお金を使って飲みに行ったりご飯を食べたりすることです。物事を感情的に決める人も、この自己統制力が低い傾向にあります。忍耐強い性格や慎重に物事を決める人はなりにくいです。

任意整理や自己破産に陥る多重債務者

債務整理時に任意整理や自己破産となってしまう人の中には、多重債務者も含まれていると言われています。その多重債務者となる人は、セルフコントロールができない性格がなりやすく、欲を満たすために衝動買いをしてしまう人や、返済をしなければならないのに、そのお金を使ってしまう人がなりやすいです。

物事を慎重に選んで選択する人は、衝動買いや感情に任せて行動することがないので、自分の意思をコントロールできます。また、欲が湧き上がったとしても、忍耐力で超えられる人も多重債務者となりにくい傾向があります。お金の使い方をよく考えて、必要なときに使うことが重要です。

債務整理、自己破産の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041