司法書士に自己破産を依頼したときの費用(個人)

司法書士に依頼して自己破産の申し立てから破産決定が出るまでの一連の作業に対する費用(報酬)はどれくらいかかると思いますか。また、手元に残しておける現預金はどの程度でしょうか。まず、自己破産ですが、個人の場合、免責になる前提でのお話ですが、基本作業料金として一人50万以下です。また、破産決定後は当面、どこもお金を貸してくれません、当たり前ですよね。踏み倒したばかりの人にお金を貸すものはいません。

ですので破産するときでも100万円までは手元においておくことが出来ます。合計150万円あれば一人の人間が再生することが出来るわけです。逆を言えば、少なくとも50万円は無ければ破産することさえ危ういのが現実です。又、手元に残しておけるお金を持っている人も極わずかなのが現状です。