司法書士に自己破産の相談をした場合の費用

自己破産とは、債務が膨れ上がり自分の力では返済が不可能になったときに破産宣告するわけですが、こうなると法律事務所に依頼することになります。通常弁護士が頭に浮かびますが、司法書士もこの手続きをすることが出来ます。司法書士は一般的に弁護士より費用を割安に抑えられるというメリットがあります。

しかし当事者は当然借金が多く破産手続きをするわけですから、司法書士に払う報酬もないでしょう。そのため多くの事務所ではかかる費用の分割払いも請け負っています。自己破産の手続きには申し立てに印紙代、予納金や裁判所出頭の日当などの実費などさまざまな経費がかかります。事務所により成功報酬も異なりますが、債権者10社で20万円など、各ホームページに記載がある場合もあるし、相談段階では無料という事務所もあるので安心です。