司法書士に自己破産の相談をした場合の費用

債務整理の自己破産とは、債務が膨れ上がり自分の力では返済が不可能になったときに破産宣告するわけですが、こうなると法律事務所に依頼することになります。通常弁護士が頭に浮かびますが、司法書士もこの手続きをすることが出来ます。司法書士は一般的に弁護士より費用を割安に抑えられるというメリットがあります。

しかし当事者は当然借金が多く破産手続きをするわけですから、司法書士に払う報酬もないでしょう。そのため多くの事務所ではかかる費用の分割払いも請け負っています。自己破産の手続きには申し立てに印紙代、予納金や裁判所出頭の日当などの実費などさまざまな経費がかかります。事務所により成功報酬も異なりますが、債権者10社で20万円など、各ホームページに記載がある場合もあるし、相談段階では無料という事務所もあるので安心です。

自己破産と任意整理、やるならどっち?

自己破産と任意整理という言葉を聞いたことがありますか?自己破産はよく芸能人が行ったりすると、ニュースになりますので単語だけは聞いたことがあるという人も多いと思いますが、任意整理は中々耳にすることがない単語です。

こちらは月々の返済額を自分がきちんと返済していける金額に交渉してもらうというもので、自分で生活もきちんとできて、返済もしっかりできる程度の額を毎月弁護士に依頼して借り入れ先と交渉してもらうものです。今まで毎月の返済が滞ってしまっているという人にとってはとても頼りになる制度です。実際最近では行う人もかなり多いようです。

多重債務によって行われる債務整理の自己破産

多重債務によって行われる自己破産については、多くの人が悩んでいることでしょう。破産と聞くとこの世の終わりのような気分にもなってしまいますが、決してそのような事はありません。自分の所有する財産を処分することで、抱えていた借金が免責になりますので、人によっては大きなメリットとなる人もいるでしょう。

しかしながら、所有している財産によっては、自己破産はしない方がいい人も存在します。そのような人においては個人再生を行うような人もいます。どの方法にするかは弁護士に相談をのってもらうことで、決めることができるでしょう。

債務整理時には自己破産よりも任意整理も検討したいもの

検討していく内容によって、大きな変化が生まれる場合もあります。とにかく失敗しないように、そして正しく終わるような状況を作りたいと思っているなら、自己破産も検討したいものです。しかし任意整理よりもリスクが高いとされていて、周囲の人に気づかれてしまう場合もあります。

しかも家を売却しないと駄目で、任意整理よりもリスクがすごく高い場合もあります。自己破産を行っていきたいと思っているなら、その方法をしっかり考えるようにしつつも、トラブルが起こらない程度に調整しておきます。できれば負担を軽減できる手法を使ってください。

債務整理、自己破産の相談は弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041