個人再生

借金の減額をするために裁判所を介して行う債務整理手続きのことを個人再生といいます。また、借金を減らすだけではなく、住宅ローンを支払っている最中であってもその住宅ローンの支払いを行いながら借金の圧縮をすることが出来ます。
この個人再生は債務総額が5000万円以下で返済のための安定した収入があり、支払い不能のおそれがある場合にのみ利用することが出来ます。
また、司法書士に依頼をすると司法書士費用+個人再生委員費用がかかり、割高になる可能性があるため、140万円を超える借金がある場合には弁護士に依頼をします。